子育てがしやすい環境をつくります!

安心して子育てできる・幸せな家庭が築ける地域環境を整えます。

三重県は共働き率が60%を超える状況であり、働きながら子育てをしていくためには、認定こども園の整備や放課後児童クラブの拡充、加えて男性の育児参画がしやすい環境が必要なため強く推進していきます。特に三重県では鈴木知事を筆頭に「みえの育児男子プロジェクト」や「ファザー・オブ・ザ・イヤーInみえ」など、具体的な施策が始まっています。これらの取組がそれぞれの地域に合う内容で浸透するように皆さまと共に考え、実現へ向けて頑張ります。

また児童虐待についても毎年相談件数が大幅に増加し大きな社会問題になっており、2つの側面からの取組が必要と考えています。1つは相談、心のケア、一時保護といった行政が一定の権限の元で実施するもの。2つめは早期発見、再発防止を可能にする地域コミュニティづくり。この2つの取組をさらに強化していきます。

昔ほどでは無いにせよ、私たちの地域は現代社会においてしっかりした地域コミュニティを維持している地域が多くあります。今後も地域の皆さまと共に、安心して子育てを見守れる地域コミュニティの維持、拡大に努め、行政機能の充実もはかります。

子育てとは別になりますが、三重県でも未婚率が年々高くなってきています。行政の施策などとは別に、平成18年から「ともいき縁づくりパーティ」など出会いの場を提供し続けています。きっかけは多くの方々とお話を聴く中で、結婚をする意思はあっても出会いの場がないという声を聴き、少しでも機会の場になればと企画し実施してきました。これからも、ご結婚された方々、ご参加いただいた皆さまの声を参考にしながら、より心地よく楽しく過ごせる出会いの場を提供していきます。県も平成24年から「みえ出逢いサポートセンター」を事業展開しています。同様の取組を行っている団体などとも連携して県全体で多くの方々が参加しやすい仕組みを作っていきます。

目指す県政へ戻る

更新日:

Copyright© 三重県議会議員 青木けんじゅん , 2019 All Rights Reserved.